墓について

お墓の存在と色々な価値の話

死んだ後はどこかに埋葬するのが普通です。この国ではお墓を使ってそこに人が来るようになります。お墓は死者の目印のような存在です。つまりお墓があれば誰が亡くなったのか理解できます。
お墓は家族や個人で購入するのが一般的です。これには価格設定があって金額は高いのが普通です。理由はお墓には優れた素材を使っているためです。死者を埋葬しているので優れた品であることは重要です。

そしてお墓を購入したら場所を決定することになります。家族はそこに埋められるので大きな課題になります。お墓の場所や品質は死後にも大きな影響を持ちます。そこを訪れた人はお墓を見て様々な感情を抱きます。
このようにお墓には強い力があります。それは死者を結び付けているということにも関係しています。そして家族はお墓に行って過去や将来を考えます。
お墓は昔から存在しているので不変のものです。人間には死後も静かに眠って欲しいという気持ちがあります。その結果としてお墓のような品物が普及しました。
お墓の存在と色々な価値の話 はコメントを受け付けていません。