お墓への思いとお墓の現状

古代から、お墓には多くの莫大な費用が使われてきました。エジプトのピラミッド、トルコにも立派なお墓の並べられた博物館があります。王や位の高い人たちは、特別な棺が用意され、これまでの働きへの尊敬を得てきました。今日でも、やはり家族の1人を亡くすというのはとてもつらい経験であり、遺族感情として、お墓を持ち、そこにきちんと葬りたいという思いを抱くのは自然なことです。

お墓をすでに親族で所有しており、親類間でシェアをする形で管理している人たちは多いです。またお墓というと宗教と結びつくことが多く、無宗教が増えてきている日本においては、宗教に関係なく利用できるお墓が増えてきました。お墓は、きれいに手入れされた高台の見晴らしの良いところにあったり、郊外の自然豊かな立地に管理されたりしています。お墓の管理のために定期的な出費が必要であり、お墓を維持するのは簡単ではありません。ですが、やはりお墓を持つことで、安心感を得るのも確かです。