墓について

「お墓」とはご先祖様の標しの場

生存している人々は何らかの形で家というものの中で生活していますが、其の家というのは人々の一生の住処(すみか)、又は人々の代々の住処でもあります。 一方、墓地やお墓というの普通は亡くなった方々の子々孫々の末代に至るまで引き継いでいく為の標し(しるし)でもあり、其の人々や一家の拠り所でもあるのです。 

また、お墓というのは単に何処えでも勝手に作れば良いというものではなく、法例に基づいて持ち主の管理もさることながら、一般的にはお寺(檀家寺や菩提寺)や霊園のようなところに建てて、普段においては其方で管理してもらい、お世話を頂いているものです。

其のお墓の価値観や考え方も時代とともに色々と変遷が有って、近年では生活様式やライフスタイルの変化により、様々なタイプの所謂、「お墓のスタイル」というのがあり、霊園や公園墓地などもでてきています。

人が死亡した場合はお墓が必要になりますが、其のお墓というのは先祖代々のお墓に入る(埋葬される)分には問題ないのですが、新規にお墓や墓地、其れに石碑などの購入に関しては、ほぼ一生に一度のことになりますから、金額的にも特に都会周辺では高価なものになりますし、其れなりに見分や知識や探究心が必要になってきます。

「お墓」とはご先祖様の標しの場 はコメントを受け付けていません。