墓について

お墓の引越し改葬にはいくつか手続きが必要

寺院との関係維持が難しくなったり、遠距離でお墓の管理ができなくなったり、お墓を守る人がいなくなるなど、お墓の引越しを検討するケースはあります。正式にはお墓の引越しのことを改葬と言いますが、正式な手続きを踏む必要がありますし、お金も時間もかかることです。引越し先となる新しいお墓を探すことから始まり、お墓の管理者とのやり取りもあります。受入証明証や墓地使用許可証を、お墓を管理する側に発行してもらわなければなりません。工事契約をしますが短期間ではなく、およそ3ヵ月間くらいはかかります。これまでのお墓の手続きも必要であり、改葬許可申請書を自治体から取り寄せることです。収蔵証明書や埋蔵証明書は、これまでのお墓の管理者より発行をしてもらいます。改葬許可証は必要な書類を、前のお墓のある自治体へと出して、発行される書類です。遺骨をこれまでのお墓ら出して、新しいお墓が出来上がるのを待ち納骨です。墓地使用許可証や、改葬許可証を提出してからの納骨になります。
お墓の引越し改葬にはいくつか手続きが必要 はコメントを受け付けていません。