墓について

いろいろあるお墓の種類について

お墓と一口に言っても、最近はさまざまなスタイルのものがあるため、お墓が必要になる場合はあらかじめ知っておくと役に立ちます。種類としては、一般墓や永代供養墓、樹木葬などがあると言えるでしょう。
まず「一般墓」は、従来からある先祖代々に渡って使用する、家単位で建てられるお墓のことを指します。新しく建てる場合は土地や墓石の購入費がかかりますし、管理費も必要になってきますが、永続的に使用することが可能です。
次の「永代供養墓」は、霊園や寺院などが、お墓の継承者の代わりに管理や供養をしてくれるお墓を意味します。お墓を継ぐ方がいない場合などに利用され、通常のお墓のような個別タイプや、他のご遺骨と一緒に埋葬する合祀タイプなどがあると言えるでしょう。
そして「樹木葬」は、木や草を墓標として埋葬するスタイルのお墓になります。墓石を建てるわけではないため、従来のお墓とは見た目が全く異なりますが、自然に還れる埋葬方法として注目されています。
いろいろあるお墓の種類について はコメントを受け付けていません。