墓について

お墓の耐久年数と経年劣化での魅力

長くいつまでも持つ印象があるのがお墓ですが、実際にはどれくらいの耐久年数がお墓にあるのか、詳しく理解している人はあまりいません。基礎工事や使用をする石にもよるものの、長くて150年くらいは持ちますが、短いと30年ほどです。優れた耐久性で知られるのが御影石であり、お墓のための墓石にもよく選ばれています。高い耐久性の御影石は半永久的に持つほどですが、劣化を早めてしまう要因は正しく工事が行われないケースです。お墓の耐久年数は石の問題だけではなく、基礎工事をどのように行ったかでも変わります。信頼のもてる石材店とのご縁を結ぶことも必要ですし、お墓は料金面とともに、素材も事前に確認をすることです。安価な買い物ではないお墓ですから、何度も頻繁に建てたりはしません。だからこそ最初のお墓を建てる時が肝心であり、金額だけにとらわれないようにします。年数が経過をすることで、お墓にも劣化が見えてきますが、深みのある美しさを醸し出す経年劣化は、それこそが魅力です。
お墓の耐久年数と経年劣化での魅力 はコメントを受け付けていません。