墓について

お墓を管理するにはどうすればよいか

先祖のお墓を管理する立場になった親族は正直苦労すると思います。ご遺族が高額かけてせっかく作ったお墓が無縁仏になる例も結構聞きます。お墓の後継人に指名された遺族は頻繁にお墓の手入れに訪れないといけないからです。では無縁仏になる例はどのような事があるのかを見ていきたいと思います。
無縁仏になる例で一番多いものは、お墓を見る方が「高齢」になり見れなくなる事です。続いて県外に住む事になりお墓を見れなくった話しも良く耳にします。この2点に触れつつどういった対策が必要な事かをさらに深掘りしていきます。お墓を見る方が高齢になると当然足腰が衰え始め、お墓の掃除等をする事も辛くなります。場合によっては体調を崩し入院しなければならなくなるかもしれません。更に悪く言いますと亡くなる可能性もある訳です。県外に移住する場合もお墓を仕舞わないといけなくなります。結果、無縁仏になります。では無縁仏にならない為にはどうしたら良いか。私が考える一番の方法は「納骨堂」を購入する事です。購入後も定期的な支払いは必要ですが、そこの住職の方が見てくれたり、軽く掃除等もしてくれます。
お墓が見れない方や将来を見越したらこちらの考えの方が良いのかもしれません。それだけお墓を管理する事は大変だということです。
お墓を管理するにはどうすればよいか はコメントを受け付けていません。