お墓を立てる場所の決め方

お墓を立てる場所は墓参をしやすくなるように考え、寺院や霊園などを選ぶとお彼岸やお盆の時期に故人を偲べます。お墓参りをする目的は故人に対して近況報告をするためで、あたかもそばにいるような雰囲気を作り出すと効果的です。お墓は墓石の種類によって料金が大きく変わりやすく、先祖からあれば名前を加えるとわざわざ新規購入をせずに済みます。場所を決める時は遺族の自宅の近くなど墓参をしやすくなるように選び、話し合ってから故人を偲べるようにする方法が望ましいです。

お墓を立てる場所は共同墓地や霊園などがありますが、宗派によっては寺院に併設されていると供養もできます。お墓は新しく立てると墓石を購入して戒名などを入れるために料金が高くなりますが、子供の世代まで長く使えるようにすると有効活用できて効果的です。場所を探す時は緑豊かな場所にすると開放感があり、空を見上げて故人を偲べるようになるためこだわって決めると雰囲気を出せます。